第13回(6月11日配信)一般事務職(行政)

所属・氏名は?

教育委員会事務局 総務部 調査課

今井 宏樹

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(男性),平成24年度採用

平成24年4月~:教育委員会事務局総務部調査課

※平成26年6月現在の内容です。

仕事内容・担当業務は?

仕事の様子

仕事の様子

私は現在,教育委員会事務局の法務を担当しています。訴訟に関する事務,条例・規則等の改正案の審査,法律相談などを主に行っています。京都市立の小・中学校や教育委員会の他の課等から多種多様な相談を受けることがありますが,大学や大学院で勉強した法律の知識や考え方を土台にしつつ,現実に即した対応が必要となります。

職場の雰囲気は?

職員一人ひとりが責任を持って自分の仕事をするという雰囲気があります。また,京都市立の小・中学校と連絡・調整することが多い職場ですので,現場の先生方の負担を少しでも軽減できるよう,日々,丁寧な仕事を心がけています。

仕事のやりがいはどんなこと?

ルーティンワークがほぼないことです。以前と似た仕事があったとしても,状況や前提などが異なれば,それに応じた判断が必要となるため,日々考えながら仕事を進めています。

仕事の中で困難だった出来事は?

多くの職場との連携が重要な仕事であり,すり合わせが上手くいかなかったこともあります。また,職務上,緻密で正確な仕事を求められるため,常に自己研鑽に励むことが重要だと感じています。

ワーク・ライフ・バランスのためにどんなことを?

平日は残業をすることもありますが,良い仕事をするためにも休日はしっかりとリフレッシュできるように努めています。仕事の都合のつくときには有給休暇を利用して,旅行に行くこともあります。

京都市で働いてよかったと思えたときの経験は?

京都市は世界的にも特筆すべき魅力を有するまちであり,そこで働いていることを誇りに思っています。市民の皆様や一緒に働いている職員に少しでも貢献できたと感じたとき,感謝の言葉を頂いたときは,京都市で働いてよかったと実感できます。

今後の展望は…?

自治体や教育委員会に対する市民の皆様のニーズは常に変化しています。そうした変化に柔軟に対応しつつ,理念や本質を意識して自分なりの軸を持ちながら仕事をしていきたいと考えています。