第15回(7月24日配信)一般技術職(電気)

所属・氏名は?

交通局 高速鉄道部 電気課

黒田 宗一

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(男性),平成26年度採用

平成26年4月~:交通局高速鉄道部電気課

※平成26年7月現在の内容です。

仕事内容・担当業務は?

電気検測車運転の様子

電気検測車運転の様子

地下鉄烏丸線の電気機械設備や信号設備,通信設備などの電気設備の保守管理が主な業務です。お客様に毎日快適に御利用いただけるよう,定期的に電気設備の点検を行ったり,機器の更新工事の監督業務を行ったりしています。また,故障が発生した場合は,現場調査及び復旧作業を行っています。

職場の雰囲気は?

とてもアットホームな職場で,何でも話し合える職場です。職員間の連携が大切な職場なので,お互いに尊重し合い,助け合いながら業務に励んでいます。また,職場配属後に実施される新人研修の内容もとても充実しており,自身のスキルアップにつなげることができます。

仕事のやりがいはどんなこと?

毎日,何事もなく正常に地下鉄を走らせることが第一ですが,不具合が発生した場合には,迅速に原因を調査し,地下鉄の営業運行への影響を少しでも軽減できたときに,この仕事の意義を実感できます。

仕事の中で困難だった出来事は?

電気設備に関しては,とても範囲が広く様々な仕事があり,万が一,故障が発生した場合には,現場に急行し,原因の調査及び復旧作業を行わなければならないので,幅広い知識と経験が求められることです。

ワーク・ライフ・バランスのためにどんなことを?

変則勤務なので,土日のどちらかが勤務になることもあれば,平日が休みになることもあります。また,深夜作業もあり慣れるまでは苦労しますが,勤務の組み方次第では連続して休暇を取得することができるため,休暇をうまく活用しながらリフレッシュしています。

京都市の技術職として働く魅力とは?

現場の最前線に立ち,自分の大好きな京都市をより良い場所にするために働けることです。時には様々な職種の職員と協力して業務に励むことで,職員同士の連携を取ることもできます。また,働くことで自分自身のスキルアップにもつながるので,とても楽しくやりがいがあります。

今後の展望は…?

京都市は国内外から多くの人々が集まる場所です。その多くの方々の交通手段として地下鉄・市バスを『安心・安全・正確』に運行し,更に多くのお客様に利用していただけるよう,日々仕事に取り組んでいきます。