第17回(平成28年8月4日配信)消防職

所属・氏名は?

消防局北消防署 予防課
下地 悠里

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(女性)
平成26年4月~:消防局消防学校 教養課
平成26年10月~:消防局北消防署 予防課
※平成28年8月現在の内容です。

ある1日の流れ

時間 仕事
8:30 車両やバイクの点検,体操
8:45 メールの確認,決裁の確認,ミーティング
9:00 書類審査
10:00 窓口対応(相談や届出の受理)
12:00 昼食
13:00 建物立入検査,消防用設備等の検査
16:00 検査結果,指導記録等作成
17:15 退庁

仕事内容は?

DSC_0097

点検の様子

  予防課の仕事は,火災をあらかじめ防ぐことが目的です。消防法などの法令に基づいて正しい防火対策が講じられるように,建物の中へ立ち入って検査などを行っています。また,火災予防運動中には,市民の防火意識を高めるため,様々な取組を実施して広報活動に努めています。

職場の雰囲気は?

(職場の男女比 男性7名 女性3名)
 予防課は,課長を含め10名です。職場の雰囲気は明るく,上司に気軽に相談でき,職員同士のコミュニケーションも円滑に取れていて,働く意欲が高まる居心地の良い職場です。 

仕事のやりがいはどんなこと?

DSC_0092

打合せの様子

 設計の段階から業者の方と打合せを繰り返して安全な建物が建ったときや,法令に適合していない建物の関係者に対して,粘り強く指導し,改善された場合にとてもやりがいを感じます。

仕事の中で困難だったことは?

 予防課の仕事は,市民と直接関わる機会が数多くあります。相手の話を聞く時はもちろん,こちらの話を正しく説明し,理解していただくには,電話対応やプレゼンテーション力はとても重要な能力になります。
 そのため,研修会に参加したり,参考書やインターネットで勉強したりと能力向上に努めています。

ワーク・ライフ・バランスと女性の働きやすさは?

 毎月16日と給与支給日,毎週水曜日をノー残業デーと定め,残業時間を少なくするなど,ワーク・ライフ・バランスに配慮しています。
また,仕事と家庭を両立する制度も充実しており,女性にも働きやすい職場です。
 そのほかにも,女性の職域拡大に伴い,消防隊の業務に従事できるようになるなど,様々な仕事にチャレンジできます。

就職先として京都市を選んだ理由は?

 私は,京都市の出身ではありませんが,京都市には四季折々の味わいがあり,文化財をはじめ数多くの美しい風景と街並みが楽しめます。この京都市の素晴らしさにとても魅力を感じ,この街に住みたいと思い,京都市で就職することに決めました。

京都市の消防職として働く魅力は?

検査に向かう様子

検査に向かう様子

 京都市には,歴史や文化,伝統が色濃く残っており,業務の中でも文化財を火災から守るという機会が数多くあります。その経験はとても貴重でやりがいを感じます。
 また,消防と地域との結び付きも強く,一丸となって防火防災に取り組む姿勢に私は魅力を感じます。そして,その一員として取り組むことができるこの職場に勤めて良かったと思います。