第17回(平成27年8月6日配信)消防職

所属・氏名は?

消防局 西京消防署 警防課 第三部
竹内 梓

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(女性),平成23年度採用

平成23年 4月~:消防学校 教養課(初任教育)
平成23年10月~:消防局 西京消防署 予防課
平成25年 4月~:消防局 西京消防署 警防課

※平成27年8月現在の内容です。

仕事内容・担当業務は?

西京消防署で救急隊として勤務しています。救急隊は3名で構成されており,24時間どんなときでも出動指令があれば現場に急行します。傷病者に迅速的確な処置をとりつつ,その時々で一番適切な病院へ搬送することが仕事です。

仕事の様子

仕事の様子

仕事の様子

仕事の様子

職場の雰囲気は?

私の所属する西京消防署警防課第三部は指揮隊長以下36名で,指揮隊・消防隊・救助隊・救急隊から構成されています。各隊全員が「市民のいのちを守る」という熱い気持ちで業務に取り組み,とても明るい雰囲気で仕事ができています。

仕事の様子

仕事の様子

仕事のやりがいはどんなこと?

救急隊は出動件数が多く,その分出動現場から学ぶことも多いので,日々業務をする中で自分の成長が目に見えて分かり,その点に魅力を感じます。人の命に関わる仕事なのでプレッシャーもありますが,傷病者やその家族からお礼を言われたときには,改めてやりがいを感じます。

仕事の中で困難だった出来事は?

人の生死に関わる仕事として,特に重症患者や心肺停止患者を搬送する際はより迅速的確な活動が求められ,非常に緊張感があります。責任のある仕事ですが,日々訓練や勉強を積み,より良い活動ができるように努めています。

女性にとって働きやすい職場であると感じるのは?

消防職はまだまだ女性の少ない職場ではありますが,施設や体制など女性が働きやすい勤務環境を整えてもらっています。

京都市の消防職として働く魅力とは?

京都市は歴史的,文化的にも魅力的な都市として,世界中の人々から愛される美しい都市です。多くの人々が訪れる京都市を守ることに貢献できることが魅力です。

今後の展望は…?

私は京都市で生まれ育ち,思い入れのあるこの地を守りたくて京都市消防局へ就職しました。今後も,大好きな京都市を災害から守り,市民のいのちを守る消防吏員として,努力を惜しまず務めを果たしていきます。