第14回(平成29年7月13日配信)一般事務職(行政)

所属・氏名は?

文化市民局元離宮二条城事務所
佐藤 広記

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(男性) 
平成27年4月~:行財政局市税事務所固定資産税室
平成29年4月~:文化市民局元離宮二条城事務所
※平成29年7月現在の内容です。

ある1日の流れ

時間 仕事
8:30 出勤,メールチェック,決裁の確認
9:00 旅行雑誌の取材に対する連絡調整
10:30 二条城紹介記事の校正,出版社への返信
12:00 昼休み
13:00 二条城一口城主募金集計
15:30 庶務,労務事務
17:15 退庁

仕事内容は?

 元離宮二条城事務所で,庶務・労務を担当しています。初めての異動であり,初めての庶務・労務に戸惑うこともありますが,先輩方に支えられ,業務をこなしています。
 また,二条城を記事に取り上げていただく出版社との連絡調整,二条城一口城主募金のとりまとめも行っています。

職場の雰囲気は?

 (職場の男女比 男性23名 女性7名)
 元離宮二条城事務所は,様々な年代の方がいる職場です。事務職だけでなく,技術職の方や学芸員の方など,様々な職種の方がいて,色々な考え方や,話が聞ける楽しい職場です。

仕事のやりがいはどんなこと?

二条城事務所 現在の職場では,庶務・労務担当として,二条城を全国に発信するため,マスコミとの連絡調整や,労務関係の仕事を行うなかで,職場内外の色々な方とコミュニケーションがとれ,今まで知らなかったことを学べたり,感謝されることにやりがいを感じています。

仕事の中で困難だった出来事は?

 毎日の来城者数,寄付金額等,大きな数字を扱う作業は,正確さと丁寧さが求められる仕事です。

ワークライフバランスのためにどんなことを?

 仕事量が多く,毎日気は抜けませんが,たまに職場の方たちと飲みにいったり,土日にはゆっくり休んだり,同期と遊びにいったり,仕事とプライベートのバランスの良い生活を送っています。
 また,市役所のバドミントンサークルに所属しており,定期的に練習に参加して汗を流しています。

就職先として京都市を選んだ理由は?

 私は,生まれも育ちも京都市で,ずっと京都市で生活してきました。愛着のある京都の自然や文化,歴史に触れながら働ける京都市に就職を決めました。また,京都市民として,市民の方々と同じ目線に立って,京都市をよりよい街にしていきたいと思いました。

京都市で働く魅力は? 

二の丸御殿

二の丸御殿

 京都市では,様々な仕事内容があり,あらゆる観点から京都市の文化や歴史を感じながら,働けるところです。私は,まさに今,二条城という世界遺産で働いています。このような経験ができるのは,京都市ならではだと思います。これから様々な仕事を経験していくのですが,その中で,京都の歴史,文化,観光,産業,教育,環境を感じながら仕事ができることに期待と楽しみな気持ちがあります。