第19回(平成29年8月17日配信)学校事務職

所属・氏名は?

京都市立 松尾小学校
檜垣 健太

役職(性別),これまでの経歴は?

係員(男性) 
平成28年4月~:西京極小学校
平成29年4月~:松尾小学校
※平成29年8月現在の内容です。

ある1日の流れ

時間 仕事
8:00~ 出勤,メールチェック,1日のスケジュール確認
8:30~ 職員朝礼(学校のスケジュール確認)
管理職と打合せ(職員の出張等の確認)
伝票の処理等の業務
10:30~ 文書交換便の収受等の業務
購入物品の確認,計画,関係書類作成等の業務
12:00~ 昼休み
13:00~ 預り金などの入出金の経理業務(銀行で手続)
15:00~ 教職員との連絡調整(物品注文の相談等)
職員会議提案用の資料作成(旅費制度の説明・物品注文のルール等)
17:00~ 退庁

仕事内容は?

 学校の予算や物品の管理,校外活動費や給食費など保護者の方からお預かりしている金銭の管理,就学援助や教職員の給与・福利厚生に関する業務などを行っています。時には学校の清掃などで汗を流すこともあり,子どもと教職員が共に気持ちよく過ごすことのできる環境づくりに努めています。

職場の雰囲気は?

松尾小学校

松尾小学校

(職場の男女比 男性20名 女性41名)
 松尾小学校は明治5年創立の歴史ある学校で,地域やPTAとの深いつながりの中で学校教育が成り立っていることを日々感じます。現在約670名が在籍しており,規模も大きく,毎日子どもたちの声が,元気よく響いています。そんな子どもたちに負けず劣らず教職員も意欲や熱意にあふれており,私もその一員として,日々学校のために働いています。

仕事のやりがいはどんなこと?

 学校写真1事務職員の仕事は,文書事務をはじめ,経理,施設整備に関する事務,教職員の給与支給事務など多岐に渡ります。そしてそのどれもが,教職員が働きやすい環境づくり,ひいては子どもたちの豊かな学びと健やかな成長につながります。間近で教職員や子どもの姿を見ながら,円滑な学校運営に貢献できるところにやりがいを感じます

仕事の中で困難だった出来事は?

 教職員から休暇制度や手当などについて相談された場合に,誤った情報を伝えてしまうと,教職員に不利益を及ぼし,それが学校運営に支障をきたすことにつながりかねないというプレッシャーが常にあります。他の学校事務職員との連携のもと,教育委員会からの通知,法令,制度等に精通するとともに,それらを丁寧にわかりやすく伝えることを日々心掛けていきたいです。

ワークライフバランスのためにどんなことを?

 現在妻の妊娠・出産を控えていることもあり,仕事とプライベートの両立は特に意識しています。通常の業務は,きちんと段取りさえ組めれば比較的見通しが立てやすいものが多いので,突発的な業務にも対応できるよう,周りの教職員や他校の事務職員と連携しながら,常に見通しを持って業務に当たることを心掛けています。

就職先として京都市を選んだ理由は?

 大学在学時に京都市に住み,脈々と受け継がれてきた歴史と自然にあふれる京都の町に魅力を感じました。そんな京都市をこの先支えていく子供たちのために働くことで,京都市の発展に貢献していきたいと考え,京都市を志望しました。

京都市で働く魅力は?

 30代で民間の営業職から学校事務職員に転職したのですが,京都市の学校事務職員には同世代の事務職員も増えてきており,男女の垣根なく相談できる仲間も多いです。また,他校の事務職員とかかわる機会も多く,連携しながらお互いを高めていける環境が整っていることも大きな魅力です。