第20回(平成29年10月5日配信)一般事務職(行政,民間企業等職務経験者)

所属・氏名は?

産業観光局 中央卸売市場第一市場 経営改善係長
長﨑 慎司

役職(性別),これまでの経歴は?

係長(男性) 
平成25年4月~:環境政策局環境企画部環境総務課
平成28年4月~:産業観光局中央卸売市場第一市場 経営改善係長
 
※平成29年10月現在の内容です。

ある1日の流れ

時間 仕事
8:30 出勤,メールチェック,スケジュール確認
9:00 場内事業者の財務分析
11:00 場内事業者経営相談
12:00 昼休み
13:00 場内事業者の経営指導
15:00 課内会議
17:15 翌日のスケジュール確認,退庁

仕事内容・担当業務は?

中央卸売市場第一市場

中央卸売市場第一市場

 京都市中央卸売市場第一市場は,現在,市場施設の再整備を行っており,場内事業者にとっては,仮設店舗での営業など経営環境が大きく変化しています。その中で,場内事業者が健全な経営が継続できるよう経営に関する相談や指導を行っています。その他,第一市場で扱う青果物や水産物等に関する統計資料の作成や調査も担当しています。

職場の雰囲気は?

写真2(職場の男女比 男性33名 女性3名)
 職場は主に,管理部門,施設整備部門,業務部門に分かれていますが,部門の垣根を越え,連携しながら業務を進めています。特に市場整備は最重要テーマであることから,場長を先頭に全職員が一丸となって事業の推進に取り組んでいます。

仕事のやりがいはどんなこと?

写真3 市場の使命は,安全・安心でおいしい食材を安定的に京都市内へ供給することです。
 場内事業者の経営力を高めることで,市場で取り扱う野菜や魚の量を増やし,より多くのおいしい食材をみなさんに届けることができればと思っています。 

仕事の中で困難だった出来事は?

 第一市場は,卸売市場法をはじめ業務条例や各種要綱など多くの法令に基づき運営されているため,あらゆる場面で法的な判断が求められます。私自身,理系出身ということもあり法律には明るくないため,関係法令に関する知識を一から身につけなければならなかったことに苦労しました。

民間企業との働き方の違いは?

 民間企業は自社や取引先など「点」を対象としていましたが,京都市では,業界,地域,市全体など「面」を対象にしています。事業が社会に与える影響が大きいため,法令への適合,公平性・透明性の確保という点について特に意識をして業務を進めています。

京都市で働く魅力とは?

 京都市は,歴史,文化,伝統産業,観光,大学などの資源に恵まれています。また,市役所には,新しいことに積極的に取り組む組織風土があるため,これらの資源を活かし,新しい京都の魅力創造に行政として関われることは非常に魅力的だと思います。