重点戦略は,京都の未来像を実現するための方策として,未来像相互の関連性に着目しながら,単一分野だけでなく,複数の行政分野を融合し,特に優先的に取り組むべき11の事項を示したものです。平成28年度から32年度までの5年間は,11の重点戦略及び行政経営の大綱を一層推進するための具体的な事業等を示した新たな実施計画の下,京プランの総仕上げに向け,様々な取組を行います。

  1. 1市民ぐるみで,くらしやまちの変化を実現する低炭素・循環型まちづくり戦略

    低炭素・循環型まちづくり戦略

    全国初となるFCV(燃料電池自動車)を活用した本格的な有料カーシェアリング事業を実施

  2. 2ひとと公共交通を優先する歩いて楽しいまち・京都戦略

    歩いて楽しいまち・京都戦略

    A.「IC定期券」や「ICカードによる乗継割引」などサービス拡充
    B.四条通歩道拡幅事業の完成と土木学会賞などの学会賞受賞

  3. 3歴史都市の品格と魅力が国内外のひとびとを魅了する歴史・文化都市創生戦略

    歴史・文化都市創生戦略

    文化庁の移転決定

  4. 4魅力ある地域資源と既存の都市インフラを生かす個性と活力あふれるまちづくり戦略

    個性と活力あふれるまちづくり戦略

    A.京都市移住サポートセンター「住むなら京都(みやこ)」の開設
    B.「琵琶湖疏水通船復活」の試行事業を実施

  5. 5世界が共感する旅の本質を追求する観光戦略

    旅の本質を追求する観光戦略

    「京都工房コンシェルジュ」開設

  6. 6京都の知恵や価値観を生かした新産業創造戦略

    新産業創造戦略

    京都経済センター(仮称)整備(平成31年1月竣工予定)

  7. 7夢と希望がもてる未来の担い手育成戦略

    未来の担い手育成戦略

    「学まち連携大学」促進事業を開始

  8. 8子どもと親と地域の笑顔があふれる子どもを共に育む戦略

    子どもを共に育む戦略

    A.市立高校でグローバルリーダー育成事業を展開(イギリス(ロンドン)にて)
    B.8か月児健診時に絵本1冊などを贈呈する「京都版ブックスタート事業」の開始

  9. 9仕事と家庭,社会貢献が調和できる真のワーク・ライフ・バランス戦略

    真のワーク・ライフ・バランス戦略

    女性活躍支援拠点「京都ウィメンズベース」を開設

  10. 10だれもが参加したくなる地域コミュニティ活性化戦略

    地域コミュニティ活性化戦略

    A.「京都市地域コミュニティ活性化推進計画」を改定(平成28年3月)
    B.地域コミュニティ啓発冊子「京(みやこ)・きずな・まち」を発行(平成27年3月~)

  11. 11安心・安全と生きがいを実感できるいのちとくらしを守る戦略

    いのちとくらしを守る戦略

    A.自主防災組織を対象とした初の水災害体験訓練の運用を開始
    B.道路等の損傷箇所を通報できる「みっけ隊アプリケーション」の運用開始